ウォッチングルール

クジラやイルカの楽園を守っていくために。

くじらの来る海、小笠原へようこそ。
小笠原ホエールウォッチング協会では、くじらに対する自主ルールを定め、運用を行っています。
小笠原の海がクジラやイルカにとって楽園であり続けるよう、ご理解・ご協力をお願いいたします。

ホエールウォッチング自主ルール

制定  :小笠原ホエールウォッチング協会
改定年月:1997年1月

適用鯨種:ザトウクジラなどのヒゲクジラ亜目全種とマッコウクジラ
適用海域:小笠原諸島の沿岸20マイル以内

20t未満の小型船の場合(要約)

  • クジラから300m以内を減速水域とする
  • クジラから100m以内を侵入禁止水域とする。
    ただしマッコウクジラについては50m
  • クジラの進路や行動を妨げないようにする

この自主ルールに係らない、特例学術研究、
特例取材の船舶は赤色の特例旗を掲げています。

※調査研究や取材等で特例許可申請をされる場合、必ず事前にお問い合わせください。また、申請から許可の可否の判断までにはお時間をいただきますので、余裕をもってお問い合わせください。

ホエールウォッチング自主ルール(OWA)(PDF)

ドルフィンウォッチング・スイム自主ルール

制定  :小笠原村観光協会ガイド部ドルフィンウォッチング・スイム事業者
改定年月:2020年8月

  1. ひとつの群れにアプローチできる船は、船の大小を問わず4隻までとする。
    (ウォッチングのみの場合も含まれる)
  2. ひとつの群れに対する水中へのエントリー回数を、1隻につき5回以下とする。
    ※ただし、必ずしも5回までOKというものではなく、
    その時のイルカの状況や他船を配慮すること。