お知らせ

2019/7/2

小笠原ホエールウォッチング協会職員募集について(応募締切:2019/7/31)

当協会は、「ホエールウォッチングの振興と小笠原の発展に寄与

すること」および「エコツーリズムの推進」を会の目的に掲げ、

活動を行っております。

 

小笠原は日本で初めてホエールウォッチングが行われた場所で

あり、当協会では鯨類の生態を考慮したウォッチングのルールや

方法などの基礎を築き上げました。

今後も他地域のモデルとなるべく、

自然やクジラ・イルカとの共生を目指しています。

 

活動内容は、ホエールウォッチングの自主ルールの運用や

クジラ・イルカの調査研究、ガイド養成のための受託事業

などがあります。

 

調査研究においては、ホエールウォッチングのための基礎研究

だけではなく、各地の研究機関と共同して大きなプロジェクト

を実施してきました。特に、ダイオウイカの生態調査やザトウ

クジラへの人為的騒音の影響評価調査の成果は国内外で報道さ

れ、地域に根付いた調査研究機関として高い評価を得ています。

 

ガイド養成では、毎年多くのガイドを育成し、それぞれの事業者

の活動のみならず、定期船・観光船で小笠原のガイドを行うなど、

活動の幅を広げ活躍していただいております。

 

更なる地域への貢献、よりよい自然環境作り、当協会の発展の

ためには今まで以上の調査研究や指導力が必要となってきます。

多岐にわたる当協会の事業を円滑に実施し、的確な運営管理や

各関係機関との渉外を得意とする方を求めています。

 

これまで培ったスキルと経験を活かして、

私たちと一緒に働きませんか。

かけがえのない自然を未来へと繋げていきましょう!

 

当協会での仕事に興味があり、求人に応募される方は、

下記募集要項をご覧のうえ、まずは採用担当までご連絡ください。

 

メールアドレス:recruitment@owa1989.com

ご不明な点は担当までお問い合わせください。

(担当:工藤・辻井)

 

職員採用募集要項

 

前のページへ戻る