お知らせ

2018/2/13

ホエールウォッチング自主ルール遵守のお願い

2017年11月16日に母島の東崎沖で確認されたザトウクジラ。

これが今シーズンの初めての発見となりました。

小笠原での初確認から約3ヶ月経過し、

ホエールウォッチングのピークシーズンを迎えています。

 

小笠原では、1988年のホエールウォッチング開始当初から

一定のルールの下でのウォッチングが行われてきました。

1992年になると、小笠原ホエールウォッチング協会によって、

ホエールウォッチングの管理と

クジラの生息環境の保全を目的に、自主ルールが制定されました。

http://www.owa1989.com/watching/rule

 

この自主ルールは、1997年の改定を経て今に至っており、

クジラへの接近距離や進入禁止水域など定めています。

クジラの生息環境の保全を考えたこの取組は、

小笠原のエコツーリズムの象徴として高く評価されています。

ホエールウォッチングを楽しまれる際は

自主ルールの遵守等にご協力くださいますようお願いいたします。

 

前のページへ戻る