お知らせ

2017/11/21

2017/18シーズン 最初のザトウクジラの発見について

小笠原のホエールウォッチングの主役でもあるザトウクジラ。
今シーズン初確認のニュースが協会に届きました。

今シーズン最初の発見は11月16日、母島の東崎沖。
ブリーチングを確認したとのことでした。
3日後の19日には、父島でも1頭のザトウクジラを確認しました。

OWAの事務所前には、ザトウクジラの来遊を知らせる
「鯨のぼり」を掲げています。

これからホエールウォッチングのシーズンとなりますが、
OWAでは自主ルールに基づくウォッチングを推奨しています。

http://www.owa1989.com/watching/rule

いつまでも自然なクジラの姿を観察できるように、
ご理解とご協力をお願いいたします。

前のページへ戻る